FXって副業にどうだろう、詐欺が心配、と心配な人におすすめなFX会社の選び方を紹介していきます。

できるだけ、理解しやすいよう書いていきますので、リラックスしてごらんください。

初めての人は海外FXを避けたほうが良い理由

FXが初めての人は、国内のFX事業者に申し込みましょう。

この理由ですが、海外のFX会社は、一部怪しい事業者もいるためです。口コミサイトで調べてみるとよくわかります。全部ではなく一部事業者は返金されない、返金が遅いなどFXでトレードするとき、致命傷となりそうなサービス内容だったりします。

副業で詐欺は避けたいはずで、被害にあわないよう気をつけたいところです。

国内で返金に応じないFX会社は、ほぼなく口コミも良い傾向にあります。あった場合、金融庁から指導がきますからひどいサービスはないです。初めてFXを副業にしたい人は、国内のFX会社からにしましょう。

FX会社のスプレッド情報は知っておくべきです

まずスプレッドについて、お教えいたします。

FXでのスプレッドは、買値と売値の開きです。スプレッドが狭いほど有利なトレードができます。スプレッドが広いとき、トレーダーは不利、トレードを見送る判断も必要です。

FX会社の中には、スプレッドの開きが大きな事業者があります。不利なレートでトレードさせられるFX会社はパスしましょう。ネットで過去情報をしらべ、2社ほどみつかるはずです。

よくないと感じたら他のFX会社のサービスを利用してください。細かいようですが、スプレッドの不安定さは、トレードコストを引き上げます。安定したレートを提供してくれるFX会社を選んでいきましょう。

練習用に1000通貨単位を扱うFX会社をおすすめします。

副業のFXですが、まずはトレードの練習もひつようで、1000通貨単位からはじめましょう。

強いトレンドが発生し収益化が容易な場合は例外です。少ないお金でトレードの基本、トレードの仕方、システムを学んでから大きな資金をうごかすと負けないトレードができます。

いきなり大きな資金でトレードしてしまうとプレッシャーがかかりつらいです。最初は、なれていく感じで練習できるFX会社をおすすめする理由です。

良い情報をくれるFX会社でトレードしよう

FX会社に在籍するアナリスト、講師はピンきりです。初心者トレーダーにとって本当に良い情報を提供してくれそうなFX会社をネットでリサーチして評価の高い会社を見つけましょう。FXでは情報も利益につながるためです。

以上FX会社えらびの参考知識についてです。

海外FXは様子見やスプレッドの開きに注意、1000通貨で練習、情報が得られるFX会社の4点は、FX会社のサービスを安全に利用する上でとても大切ですので、必ず覚えておいてください。