ビットコインやイーサリアム、モナコインなどの仮想通貨投資への期待感の大きさについては、取り立てて説明することもないかもしれません。
仮想通貨の開発者の最終的な狙いは、ユーロやドル、元、円などのような法廷通貨としての位置付けであることは言うまでもないでしょう。法廷通貨として認められることになれば、世界経済や貿易、産業育成などありとあらゆる分野で優位性を持つことができます。アメリカや中国などの大国と肩を並べられると言っても言い過ぎではありません。

そもそも、暗号資産とも言われる仮想通貨がここまで脚光を集めるのも、アメリカをはじめとする先進国のみならず、アジアやアフリカなどの小国や新興国にまで着実に普及しているからではないでしょうか。
中でも人一倍注目されているのが、エルサルバドル国家です。
エルサルバドルはご存知の通り小国であり、特別なテクノロジーや世界全体に大きな影響力や発言力を持つような存在ではありません。

しかしながら、今般ではビットコインの普及を推し進めることで、世界を牽引する存在としてクローズアップされているのです。このようなエルサルバドルに対して、IMF (国際通貨基金)が注文を出しました。IMF(国際通貨基金) は、世界経済の舵取りを担うような存在であり、経済情勢や通貨安定などを監視する役割を果たします。すなわち、IMF(国際通貨基金)からの信任を得ることが、国内でのビットコインの法廷通貨起用を実現する上でも重要なのではないでしょうか。

このように、言わばビットコインの普及に関する取り組みに水をさされたエルサルバドルですが、仮想通貨銘柄の代表格であるビットコインへの期待の大きさは並々ならぬものではなく、手を緩めることはありません。

実はエルサルバドルでは「ビットコインシティ」の建設に向けた取り組みが進んでおり、ますますビットコインの定着化が見られます。
自民党岸田政権発足により、日本では新しい資本主義確立への期待が一層膨らんできました。

会社員や個人事業主として仕事をしながらも、副業をスタートする人は増加の一途をたどります。もちろん、仮想通貨投資については、税制面などのクリアすべき課題は山積しています。これから仮想通貨投資を始める人にとっての留意点として、信頼できる業者を見つけることが重要です。口コミや評判などを参照することも大事です。残念ながら、詐欺や詐欺に近い行為が多発しており、自ら対策を講じることが大切です。