ビットコインが長期保有に向いているかどうかを解説します

今回は、ビットコインが長期保有に向いているかどうかを解説したいと思います。

まず、ビットコインの取引にはいくつか種類があります。
今回は、3つ紹介したいと思います。

・スキャルピングトレード
・デイトレード
・長期トレード

まずスキャルピングトレードから解説します。
これは、数分単位で売買を繰り返すというものです。
FXでやる事が多いのですが、仮想通貨でやる事もできます。
これは、初心者の方にはかなり難易度が高い手法と言えます。
なぜなら、常にチャートとにらめっこする必要があり、短期になればなるほどに、変動が読みづらいからです。

2つ目はデイトレードについて解説します。
デイトレードは、「デイ」という言葉の通りで、1日単位で相場を見ていくという手法です。
デイトレードはかなり一般的な方法で、初心者に一番おすすめの方法です。

では、3つ目に「長期トレード」について解説します。
長期のトレードでは、1年や2年という単位で保有していきます。
一般的に、長期的に保有するものは「株」や「不動産」が多いのです。
なぜなら、価格変動が激しくなく、より安定的に稼げるからです。
一方で、仮想通貨やFXのように、価格変動が激しいものではあまり使われません。
「大きなリスク」が伴うからです。

これら以外にも、「スイングトレード」というデイトレと長期トレードの間に位置するようなものもありますが、今回は割愛します。

では、ビットコインの長期保有は向いているのでしょうか?
まず、ビットコインのこれまでの価格の推移を見てみれば分かります。
最初期の頃は1ビットコインで数円レベルだったものが、今では600万円を超えています。
机上の空論ではありますが、初期の頃に投資をしていて、今現在まで保有していれば、数百万倍もの莫大な資産を手に入れていたことになります。

もちろん、初期に比べたら爆発的にその価格は伸びました。
ですが、ビットコインは今後も伸びる可能性はあるのでしょうか?
2021年に、ビットコインはまた爆発的な伸びを見せました。200万円台から600万円台にまで跳ね上がったのです。
つまり、「ビットコインは今でも爆発する可能性はある」ということになります。

ですが、当然ながら損する可能性もあります。
ただ、間違いなく言えるのは、ビットコインを長期保有するのは「アリ」です。
それは、過去の数字の推移を見れば明確に分かる事ですよね。
6倍もの爆発的な伸びを見せるわけですから。

今回は、ビットコインが長期保有に向いているかどうかを解説しました。
参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。